食を守り育てる『身になる』通信へようこそ!
ぐるなびの長谷川臣祐です(^O^)

人は高額商品でも、他人から不必要だと
思われるものでも買い物をします。

お客さんが買っている物は何か?
それは・・・

お客さんが買っているのは、商品ではない。

商品を使って得られる『結果』を買っている!のです。

ということです。

例えば、エアコン。
お客さんが買っているのは
「壁に取り付ける機械」ではなく
「夏も、冬でも、快適な温度で生活すること」
ということです。

もっと深堀りした例を・・・


皆さんがご存知のスターバックスコーヒー。

では、
スターバックスが本当に売っているものは
一体何でしょうか?

スターバックスは、美味しいコーヒーの
「味」だけを売っているわけではありません。

実際、今年実施された
「コーヒーのおいしさに関する調査」では・・・

1位 ローソン
2位 セブンイレブン
3位 ドトール
4位 マクドナルド
5位 スターバックス
(ちなみに飲みやすさはスターバックスが1位)

という結果でした。

しかし、スターバックスは、1位~4位のどのお店
よりも高い価格と人気を維持しています。

理由のひとつがスターバックスで売っているのが、

コーヒの味だけではなく、「サード・プレイス」
と呼ばれる快適な空間です。
家(1つ目の空間)、職場・学校(2目の空間)
に続く、3つ目の空間を売っていることが、
その理由のひとつです。

つまり、スターバックスは、コーヒー(商品)や
コーヒーの味だけを売っているだけではなく、
快適な空間や時間を提供するサードプレイスも
売っています。

その結果、コーヒーを売っている他のライバルたちと
直接競合することなく、ビジネスができるわけです。

他にも、ベンツやBMWといった自動車会社は、
単なる移動手段として車を売っているわけではありません。

ディズニーランドも、単にテーマパークや楽しい乗り物を
売っているわけでもありません。

「私たちが本当に売っているものは何か?」

その答えを見つけることが出来た時、
御社の「強み」「売り」になるはずです。

是非、既成概念を捨てて考えてみてください。

1番良い方法は、実際にお客さんに聞くことです。

なぜ?自分のお店、商品・サービスを利用して
いるのか?

思いもよらない答えが返ってくるかも
しれませんよ。